外国語を学ぶ

過去二年間、外国語を学びました。外国語が大好きですから、外国語を三つ勉強しました。高校の時は、ドイツ語勉強しました。そして大学でスペイン語と日本語を学びました。将来では、外国語を勉強したいと思います。そして、外国語は非常に興味深いです。言語の歴史と構造は一番興味深いです。

まず、言語の歴史に一番興味深いです。古代史に一部の人々世界は一言語を存在でした。でも、それが係争中でありました。そこに、すべての現代の言語が来ります。ほとんどのヨーロッパ言語には、共通の祖先がありました。スペイン語とドイツ語は同じルートです。その後、ローマの言語はとゲルの言語を分割となりました。その後、スペイン語とドイツ語がかわっていきました。日本語はインドヨーロッパ言語ではありません。漢字を共有するにもかかわらず、中国語と日本語はかんけいがありません。

これらの起源のために、言語の勉強は易いですよ!英語はゲルマン派語ですから、ドイツ語の方が一番易いの勉強です。ほとんどの場合、スペイン語の方が日本語より簡単です。でも、日本語の共役の方がいいです。スペイン語は、たくさんの動詞の時制がありますが、日本語は二つの時制しがありません。おもしろいです!

第二に、言語の構造も興味深いです。ドイツ語と日本語は(ほとんど)膠着語です。膠着語では、単語の一部から単語の全体に作っていりました。日本語は本当に膠着語ですが、ドイツは本当の膠着語ですありません。英語は膠着言語ではないから、それが融合言語(膠着言語のサブセット)です。

これらの両方が私が言語を勉強したい理由です。私は言語の歴史と構造に関心があります。将来もっと、外国語を勉強したいと思います。私はアラビア語とヘブライ語を勉強したいと思います。私はこれは面白いあなたのためにもあったと思います。

comments powered by Disqus